新しくセックスフレンドを作ることが賢く人生を送る秘訣です。

セックスフレンドの何がいいのか、恋人では駄目なのか、そのように考えている人も少なくはないでしょう。たしかに、体だけの関係というのは、どこかしら寂しいものがあって、繋がりが切れるときも、どちらかが連絡を無視しはじめるだとか、会おうと言ってもはぐらかされて結局音信不通になるだとか、互いに「好き」という気持ちがないために、そっけない終わり方になるケースが大半です。

けれども、恋人だって終わるときはそんなものですし、セックスフレンドを作ることには大きなメリットがあるのです。

まず、恋人を作るとなると、お互いの「気持ち」がなければなりません。遊びで付き合うのならいいですが、それで交際しだしたカップルはほとんどセックスフレンドと同じような関係ですから、ここでは考慮しないことにしましょう。両思いになるということは、そう簡単なことではありません。見た目が好みだとか、性格が良いだとか、そういう表面的なことだけでは、人は本気で人を好きになることはできません。あらゆる要素のすべてがプラスに働いて、なおかつ、その人と一緒にいることが、自分にとって大きな利益になると判断されるとき、人は人を好きになるのです。

この感情が、男女双方に生まれ出でる可能性は非常に低く、だからこそ恋人を作るのは難しいのです。では世にあふれるカップルはなんなのかというと、先ほど軽く触れたような、半分セックスフレンドともいえる中途半端な連中です。セフレが欲しいと思うのなら、女性を、あるいは男性を騙し、恋愛的に正式に交際することも作戦のひとつといえるでしょう。ですが、好きでもない人に好きと言いつづけるのは精神的にこたえるものですし、もしあなたに気持ちがなかったとしても、相手に束縛されるほか、あなた自身にも、その異性を独占したいという欲求が生まれ、気持ちがないのにも関わらず浮気を許さないといったような、矛盾した心理状態に陥ります。付き合うと面倒なことは多いのです。

しかしセックスフレンドは、ただセックスするだけの関係で、お互いがそれを認識していますから、その相手が、他の異性と何をしようが気になりません。束縛されることもありません。しかも、「両思い」になる必要がないので、早い話、見た目がよければセフレは誰でも作ることができるのです。

若いうちは、恋愛恋愛言って、結局はみんなセックスしたいだけでしょう。その性行為への欲求のみを、他に面倒なことひとつとなく、満たすことができるのです。それがセフレを作るメリットですね。デートの必要もなければ、まめに連絡をする必要もありません。ホテルで待ち合わせて、セックスをして、現地解散でもいいわけです。

恋愛というベールで性行為への欲求を覆い隠し、自分を騙していると、時間的にも、金銭的にも損をします。その相手と結婚するつもりがないのなら、本気で好きになれる相手が現れるまでは、素直にセックスフレンドを作って欲求不満を解消したほうが賢いですよ。
セフレ、あなたも検討してみては?